月刊下水道
ホームページ内検索
検索
定期刊行物・書籍のお申し込み お問い合わせ
Home ニューズスポット フォト・ギャラリー 下水道関連書籍 月刊下水道について 環境新聞について
バックナンバー
ゲスイダーズマガジン
定期購読のお申し込み
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
インフォメーション 過去の記事一覧
別冊『月刊下水道データ版2021』を刊行
月刊下水道2022年2月号特集
国土交通省下水道部 斎野秀幸企画専門官のインタビュー動画を公開
下水道展'21大阪記念「暮らしたい、訪れたい 魅力あふれる大阪の下水道」を刊行
別冊『月刊下水道データ版2020』発売中
中里卓治著『下水道の考えるヒント4』を発刊!
最新号の内容
2022年6月号「英知を集めて挑む浸水対策」特集
 令和元年東日本台風、令和2年7月豪雨など、広範囲で記録的な豪雨が毎年のように発生している。被害を最小限に抑えるためには、下水道の管理者と河川の管理者、そして官民が一体となり、ハード・ソフトの両面から浸水対策に取り組んでいくことが求められる。こうした考え方は2021年度に施行された流域治水関連法にも反映されている。また昨今は、浸水対策へのDXの導入や、休耕地などの活用、田んぼ、森林などの保水機能の浸水対策への活用など、多様な取組みが行われている。
 そこで、梅雨や台風シーズンを控えた6月号では、各方面からの英知を結集して挑む浸水対策を取り上げる。
次号予告
2022年7月号「下水道に求められる新・リスク管理」特集
 365日稼働し続ける下水道では、事業を継続するなかでさまざまなリスクが生じる。管路や処理場の老朽化に伴うトラブルや維持管理の担い手不足、震災による施設の被災、台風・豪雨による内水氾濫、これに伴う浸水被害も年々深刻化している。また近年では、維持管理業務へのICT、IoTの導入による課題や、下水道事業の広域化・共同化、および再エネ等の多様な事業を進めるために欠かせない官民連携の課題など、今の時代を反映した新たなリスクと向き合うことも求められている。
 そこで7月号では、自治体や企業における多彩なリスクマネジメントを取り上げる。
サイトマッププライバシーポリシー広告のお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.