月刊下水道
ホームページ内検索
検索
定期刊行物・書籍のお申し込み 定期購読会員サイト お問い合わせ
Home ニューズスポット フォト・ギャラリー 下水道関連書籍 月刊下水道について 環境新聞について
バックナンバー
ゲスイダーズマガジン
定期購読のお申し込み
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
インフォメーション 過去の記事一覧
下水道展'17東京記念号「水環境先進都市・東京の下水道」を刊行
増刊号『2017年最新下水道技術百選』を刊行
「ゲスイダーズマガジン」に「郷顔の世界」(郷顔句集)を掲載しました
下水道展'16名古屋記念号「個性豊かな中部地域下水道」を刊行
中里卓治著『下水道の考えるヒント3』を刊行
最新号の内容
2018年1月号「続く続く 下水道のはるかなみち」特集
 地域の持続的発展を支える“21世紀型下水道”の実現を目指すべく「新下水道ビジョン」が取りまとめられたのは2014年7月。しかしその後、国や自治体における行財政の脆弱化はさらに進み、インフラの老朽化問題も深刻さを増すなど、下水道事業を取り巻く環境は大きく変化している。また一方では、下水道普及率の高まりを受けて下水道事業を“終了”とみなす風潮も出現してきた。人の世が存在する限りどこまでも続く下水道のみち。掲げられた課題にこれまでも応えてきた日本の下水道だが、果たしてその行く先にはどのようなみちがあり、どのように進んでいくのか。下水道事業の新地平を展望するべく、未来に向けたユニークな試み、残された課題や仕事など、さまざまな下水道の“みち”を採り上げる。
次号予告
2018年2月号「グレードアップする下水道管路管理」特集
 日本の下水道処理人口普及率は2016年度末に78.3%に達した。下水道は今や多くの市民にとって“あって当たり前”のインフラとなった。しかしその一方、下水道事業を執り行う自治体の周囲には、増大する老朽化ストック、激甚化が進む自然災害、人口減少による使用料収入の減少など、その解決が急がれる厳しい課題が山積している。なかでも、今後下水道事業に重くのしかかってくるといわれるのが、近い将来に爆発的に増大が見込まれる管路施設の改築・更新需要への対応だ。「人・モノ・カネ」の不足が深刻化するなか各自治体は、どのようにして切れ目なく下水道サービスを提供していくのか。管路管理に対する科学的視座が求められる。
 『月刊下水道』2月号では、下水道が今後いつまでも“あって当たり前”のインフラ施設であるべく進化を続ける、下水道管路管理の最新動向を探る。
サイトマッププライバシーポリシー広告のお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.