月刊下水道
ホームページ内検索
検索
定期刊行物・書籍のお申し込み 定期購読会員サイト お問い合わせ
Home ニューズスポット フォト・ギャラリー 下水道関連書籍 月刊下水道について 環境新聞について
ニューズスポット
団体の動き/下水道関係4法人、下水道広報テーマに講演会を開催 2017年11月29日
 下水道利用者に向けた効果的な下水道事業PRを考える集い「下水道講演会 下水道界からみた、下水道広報〜戦略的下水道広報〜」が11月29日に東京・港区の発明会館で開かれた。(一社)日本下水道施設業協会および(一社)日本下水道施設管理業協会、(一社)全国上下水道コンサルタント協会、(公社)日本下水道管路管理業協会の4団体が主催したこの講演会は、利用者から徴収する使用料で運営する下水道事業においては施設の安定的な更新・管理を図っていくために利用者理解が欠かせないとして、下水道関係者一人ひとりによる情報発信力を高めることを目的に開かれた。会場は、民間企業や国、自治体などからの参加者211人で満席となった。講演会後半のパネルディスカッションで発言した国土交通省の山田邦博水管理・国土保全局長は、「物事には理解されているときとされていない時期がある。理解されているときにはぜひ信用の貯金をしておくこと。追い風の時こそ広報は大事」などと訴えた。
団体の動き/早大リンアトラス研究所、持続的リン利用シンポジウムを開催 2017年11月21日
 すべての生命体に不可欠であるため「いのちの元素」とも称されながらその枯渇が目前に迫っているとされるリンの持続的利用を考える「第3回持続的リン利用シンポジウム」が11月21日、東京・新宿区の早稲田大学大隈記念講堂で開かれた。早稲田大学総合研究機構リンアトラス研究所の主催。シンポジウムでは、科学的見地からリンの面白さと重要性を解説するとともに産業・社会にとってのリンの重要性などを示し、その持続的利用実現に向けた課題と展望が探られた。シンポジウム開催にあたり展望講演として登壇した同研究所の大竹久夫客員教授は、日本では年間1,000億円から1,500億円をかけて下水中のチッソ・リンを除去している一方でリン製品の輸入に毎年1,000億円あまりを費やしている状況を指摘。「わが国では下水汚泥で約4万2,000t、家畜糞尿で約10万t、製鋼スラグで11万tものリンが排出されている。これを有効活用すれば日本はリンの資源国にかわる」などと訴えた。
団体の動き/強化プラスチック複合管協会、老朽管対策などテーマに技術研修会開催 2017年11月21日
 強化プラスチック複合管協会は11月21日、東京・千代田区の東京国際フォーラムで講演会および技術研修会を開催。開会に際し植村政孝理事は「本日の技術研修会では、昨今のゲリラ豪雨や台風の大型化等による下水道管路の溢水・浸水被害への対応について紹介する。また当協会としては、耐震化、老朽化対策としての更新工法『パイプインパイプ工法』に取り組んでいるので要望があればお願いしたい」と挨拶した。最初に、国土交通省国土技術政策総合研究所下水道研究部下水道研究室の深谷渉主任研究官が「下水道管きょの老朽化対策〜今、下水道の世界で何が起きているか〜」をテーマに講習会が行われた。続く研修会では同協会技術委員会の加藤技術委員が「日本下水道協会規格下水道用強化プラスチック複合管JSWAS K-2の改正〜内圧仕様の追加について〜」をテーマに講演を行った。
団体の動き/GKP、倉敷市でマンホールサミット開催 2017年11月18日
 倉敷市と下水道広報プラットフォーム(GKP)は11月18日、年に2回開催しているマンホールサミットを岡山県倉敷市の倉敷公民館で開催した。マンホールブームを中国地方に少しでも広めたいGKPと市制施行50周年を迎えた倉敷市それぞれの思いがつながり、今回の開催となった。当日は雨天にもかかわらず約3,500名の“マンホーラー”が集まり交流を深めた。オープニングは倉敷市の伊東香織市長と国土交通省の森岡泰裕下水道部長による対談で、マンホールや下水道に対する想いを語り合ったほか、倉敷の魅力を熱く来場者に伝えるなどした。このなかで森岡下水道部長は、「かつて倉敷川がある美観地区は綺麗ではなかった、下水道の効果によって蘇り今のような町並みになった。有って当たり前の下水道だが、常に働き続けることで綺麗な環境を守っている大事なインフラだということを認識していただきたい」と述べた。
団体の動き/日本下水文化研究会、バルトン来日130年記念講演会等開催 2017年11月18日
 NPO法人日本下水文化研究会は11月18日、第14回下水文化研究発表会を東京・新宿区のNPO協働推進センターで開催。このうち「水文化史・研究」のセッションで発表した山崎達雄氏は、下水道未普及時代の昭和初期の京都・奈良・大津において、海外からの観光客を誘致する施策の一環として洋式公衆トイレの設置を働きかけた状況について説明した。また、大阪経済大学名誉教授の稲場紀久雄氏の発表では、下水道事業運営の民営化について触れ、「もし、民営化を進めるのであれば、国民の合意のもと特別な法律を作り、会計監査をきちんと行ったうえで進めることが望ましい」と提唱した。また研究発表会後には分科会・バルトン研究会による「バルトン来日130年記念講演会」が開催された。同分科会は、日本の上下水道、衛生工学の父と呼ばれているスコットランド出身のバルトンの偉業を研究し、伝えるために本年度発足したもので、現在入会者を募っている。
過去の記事一覧
定期刊行物
最新号の内容
次号予告
バックナンバー
ゲスイダーズマガジン
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
サイトマッププライバシーポリシー広告のお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.