月刊下水道
ホームページ内検索
検索
定期刊行物・書籍のお申し込み 定期購読会員サイト お問い合わせ
Home ニューズスポット フォト・ギャラリー 下水道関連書籍 月刊下水道について 環境新聞について
バックナンバー
ゲスイダーズマガジン
定期購読のお申し込み
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
インフォメーション 過去の記事一覧
増刊号『2018年最新下水道技術百選』を刊行
下水道展'17東京記念号「水環境先進都市・東京の下水道」を刊行
「ゲスイダーズマガジン」に「郷顔の世界」(郷顔句集)を掲載しました
中里卓治著『下水道の考えるヒント3』を刊行
高田至、岡田健司著『地中管路の耐震化』を刊行
最新号の内容
2018年5月号「管路資器材の挑戦」特集
 日本の社会・経済・文化を根底で支える下水道管路は今や布設延長約47万kmにも及ぶ。水循環の復路としてこの国の隅々にまで張り巡らされたそれは、この国に住む人々に衛生的で安全な環境を提供して社会に活力を与える、まさにライフラインと言える存在だ。高度経済成長期に始まった集中的な下水道整備から50年以上が経ち、今その“生命線”は本格的な更新期に入ろうとしている。セカンドステージに向かう日本の管路資器材だが、この国を取り巻く社会・自然環境が大きく変化するなか、その行く手には、老朽化対策、腐食対策、地震・豪雨など激甚化する自然災害への対応、未普及地域の早期解消――など、対応が急がれる課題がいくつも横たわる。
 2018年5月号では、さまざまな課題を克服しこの国のさらなる“安心・安全”の実現に向けて挑戦を続ける、下水道管路資器材のいまを紹介する。
次号予告
2018年6月号「『月刊下水道』創刊40周年記念 編集部が選ぶ 魅せたい下水道」特集
 かつて迷惑施設と見なされていた下水道には市民の間に悪いイメージが根強くあった。そして普及が進み下水道が“有って当たり前”の存在になると、今度は空気のような存在となり、市民生活を支えるインフラであるとの認識や理解を得られにくい状態となってしまった。しかし今や下水道は、公衆衛生の保全や水再生といった従来の役割のみならず、バイオマスエネルギーの供給や浸水被害の未然防止など、いくつもの重要な役割を担う。守備範囲が大きく広がった下水道事業だが、自治体を取り巻く事業環境が厳しさを増すなか事業の持続的展開を図るには、それら役割への市民理解の醸成や認識の深化も図っていかねばならない。創刊40周年記念号となる2018年6月号では、改めて市民に“魅せたい”下水道の数々を紹介する。
サイトマッププライバシーポリシー広告のお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.