月刊下水道
ホームページ内検索
検索
定期刊行物・書籍のお申し込み お問い合わせ
Home ニューズスポット フォト・ギャラリー 下水道関連書籍 月刊下水道について 環境新聞について
バックナンバー
ゲスイダーズマガジン
定期購読のお申し込み
Adobe Readerダウンロード Adobe Reader
ダウンロード
PDFファイルの表示するにはフリーソフトAdobe Readerが必要です。
ご使用のコンピューターにインストールされていない場合は、Adobe社サイトよりダウンロードしてください。
インフォメーション 過去の記事一覧
★勝手にフタデザインコンテスト
応募作品のオンライン投票を開始しました。
〓お知らせ〓
ゲスイダーズマガジンで好評連載中の「ある下水道課職員の一日」は、新展開にあたり、次回から『月刊下水道』誌面へ引っ越しいたします。再開は4月号(3月15日発行)の予定です。引き続きましてご愛読のほど、よろしくお願いいたします。
なお第1話〜第22話は、引き続きゲスイダーズマガジンでお読みいただけます。
「ある下水道課職員の一日」第22話をアップしました! 住民向け工事説明会で一人悦に入るジー課長の姿に滑稽噺として定番の『湯屋番』を重ね合わせるエム補佐ですが……。さぁ、展開やいかに!!
下水道展'22東京記念「暮らしを支え未来を創る東京の下水道」を刊行
別冊『月刊下水道データ版2021』を刊行
最新号の内容
2023年2月号「下水道の新しい運営形態を考える」特集
 施設の老朽化に伴う維持管理・更新費の増大、災害への備え、人手不足など、下水道経営を取り巻く環境は年々厳しさを増している。また、上水道の動向も気になる。強靱な下水道施設を整えてサービスを持続するためにも、官民が連携し、新しい運営形態を確立することが求められている。
 そこで2月号では、官民連携についての有識者の分析や国の動向、海外、国内のコンセッションの取組みなどを紹介しながら、変わりゆく時代にふさわしい新しい下水道経営のあり方を考える。
次号予告
2023年3月号「いま求められる管更生――安心安全な生活空間を構築するために」特集
 日本の下水道管路の総延長は、令和2年度末には約49万qに達した。私たちの生活を支え続けている下水道管路だが、国の推計では、耐用年数50年を経過した管路は10年後には8.2万q、20年後には19万qと増加していく。近年は管路の老朽化と相まって地震の発生頻度も増え、管路破損のリスクは年々高まっている。また年間9,000件以上発生している道路陥没で、下水道管路に起因するものの主な破損箇所は取付管部と言われている。
 市民の安心安全な生活を地下で支える下水道管路を、破損等から守るために開発された技術の一つに管路更生があり、施工の迅速性とソーシャルコスト削減の観点などから重宝されている。3月号では、管路更生技術の現在、そして数々の工法を施工事例とともに紹介する。
サイトマッププライバシーポリシー広告のお申し込み
環境新聞社
(株)環境新聞社ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
(c)Copyright2005 Kankyoshimbunsha,Co.,Ltd. All rights reserved.